晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

機械種族(The Mechanical tribe)

彼らは、今は無き“古参種族”の一つによって造られた種族。 機械と生体とを融合して造られた“疑似生命体”。彼らは“Quasi-mind”と呼ばれた。 彼らを造った古参種族もまた、自分達の身体を機械と融合していった。 機械種族は、いつしか自分達を創造した古参種族を滅ぼし、彼ら自身の身体をより戦闘に適したものに変えていった。 そして拡散を始めた。 無闇に宇宙に存在を拡げ、あらゆる星系に手を伸ばした。 彼らはあらゆるものを滅ぼし、去っていった。 そして次へ向けて進んでいった。 彼ら機械種族は、何かがが欲しい訳ではなかった。 ただ拡散し、戦いたいのだ。 邪魔物は、惑星であろうと、宇宙種族であろうと、ただ滅ぼしたいのだ。 彼らは、宇宙の現在の支配種族が生まれるずっと前に存在した種族。 太古の宇宙を混乱に貶めた者達であった。 They were created by one of “The ancient-tribe” now extinct. “Pseudo-life” body made by fusing machine and living body. They were called “Quasi-mind” The ancient-tribe who built them also fused their bodies with machines. At some point The Mechanical tribe destroyed The ancient-tribe that had created them, and made their own bodies more fit for battle. Then they began to spread. They indiscriminately extended their presence into the universe and reached out to many star systems. They destroyed everything and went away. And proceeded on to the next. They “The Mechanical tribe” didn’t want anything. They just want to spread and fight. They just want to destroy everything that’s in their way, whether it’s planets or The space tribes. They were a tribe that existed long ago before the current dominant tribe of the universe was born. They were those who demeaned the ancient universe into confusion.