晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

十字(Cross)

十字

mechanical pencil(シャープペンシル),
Watercolor pencil,
acrylic,
illustration board 26×36×0.1cm(B4)
2017年
¥55,000(消費税込) JPY


※リンク(Link)
《大いなる種族(大天使)カタログ(The Gigantic Tribe(ARCHANGEL) CATALOGUE)》Page 2


《物語(Story)》

【十字(Cross)】

何気なく、手で目を覆いながら、陽を見上げた。
殆ど雲の無い晴天だ。今日も暑い日になりそうだ。
眩しさに細めた目が何かを見つけた。
陽から少しずれた所に何かが浮かんでいる。
小さくて何かは判らない。遠くて何かは判らない。
陽から離れるように動いている。
透明で中が透けている様な、そして十字の様な形。何・・・。

西の大陸について4日目の夜、エディヘラ(Ediherah)は気分転換に外へ出た。
宿の部屋は蒸し暑く、街の雑踏で暑さを凌げるのではと。
思いのほか外は風が時折吹き、案外涼しかった。通りを郊外から中心部へ風が吹き抜けている。
宿のある通りは、他の安宿や酒場の明かりで賑やかだ。
男の腕に手を回した女が夜空を見て呟いた。
「今日は満月なのね。」
男はそんなことはどうでも良いとでも言いたげに女を宿に連れ込んだ。
満月か、と夜空を振り返った。
故郷で見る月と同じく、大きくて煌々と光を反射している。
眩しいくらいだ。
と思ったとき、月の中に何かが現れた。
というより、入ってきた。
最初は月の右側にそれは現れた。
不意に昼の光景が浮かんだ”遠くに浮かぶ十字”
今度は近い。近過ぎる。
それに月に照らされ、中もはっきり見える。
本当、十字そのものだ。
透明な膜で十字を形作っている様だ。
十字の4つの腕は先端に行く程、緩やかに細くなっており、先端は丸い。
まるで十字型の風船。透ける船?
まさか・・・その中に人がいる。腕を広げて。
逆光ではっきりしないがこちらに背を向けている様だ。
そんな・・。正確には判らないが、しかし、本当に人なら相当な大きさだ。
俺は夢でも見ているのか?
透明な先端が月の左側に消える頃、脚の爪先が入ってきた。
十字は10秒程で月を通り過ぎた。
暫くそのまま月を見上げていた。

「今年はちょっと早いね。もう夏も終わりなのかね。」
女の声がし我に返った。
目を降ろし女を見る。老婆である。近くで同じ様に月を見上げている。
俺に目を向け話しを続ける。
「あの人は夏の終わりにやって来るんだよ。」
「今のはやはり人なのか。」
思わず尋ねた。
「そうさ、昔からこの西の大陸の空を飛んでいるのさ。」
当たり前の様にそう答える。
俺は良く飲み込めず更に尋ねる。
「何なんだ、あれは。」
老婆は淡々と答える。
「あの人は MEGAMI と呼ばれているんだよ。神様みたいに拝んでいる地域もあるそうだよ。」
「じゃあね。」
そう言いながら、すぐ傍の宿屋の通用口へ入っていった。

その晩、ベットで横になりながら MEGAMI のことを思い出していた。
鮮明に光景が浮かぶ・・・
・・透明の十字の中で月の光によって身体の輪郭が青白く浮かび上がる・・・
・・両腕を広げ、月の上側に突き出した手には何かを握っている・・・
・・丸いものが先に付いた棒の様なものを・・・
・・頭部より先端の空間には何か半透明のものが入っている・・・
・・その半透明のものから人の頭へ何本ものチューブの様なものが繋がっている・・・
・・脚の爪先より後には別の風船が入っている様に見える・・・
・・足側の十字には先端と爪先との丁度中心辺りに、球体があり、それは鏡の様に周りを写している・・・
・・そして球体は、人の頭部の両側にもにあり、同じ様に周りを写している・・・

そしてそのまま眠りに落ちた・・・。

Casually, I looked up at the sun while covering my eyes with my hands.
It is sunny with little clouds. It is likely to be a hot day today.
My eyes that narrowed down because of glare found something.
Something is floating near the sun.
It’s small and I do not know anything. It is far away and I do not know anything.Moving away from the sun.
It is transparent, like inside through, and like a cross. what···.

On the evening of the 4th day when I arrived in the western continent, Ediherah went outside for a change of pace.
Because the room of the inn was hot and humid, and I think that I can forget the hot by the bustlingness of the city.
Surprisingly the wind blown occasionally outside, it was unexpectedly cool.
Winds are blowing through the street from the suburbs to the center.
The street where the inn is located is lively with the lights of other cheap hotels and taverns.
A woman with a hand in a man’s arm muttered looking at the night sky.
“Today is the full moon.”
That man brought the woman to the inn, with saying that he do not care for the moon.
I looked back at the night sky, full moon.Like the moon seen in my hometown, it is large and sparklingly reflecting light.
It is dazzling.
Something appeared in the moon when I thought.
Rather, it came in.
It first appeared on the right side of the moon.
Suddenly a view of sunny sky of today came up my head.
“Cross that floats in the distance”
This time it is close. It is too close.
Besides, it is illuminated by the moon, clearly visible.
True, it is the cross itself.
It seems that a transparent membrane forms a cross.
The four arms of the cross are gently slender as going to the tip, and the tip is round.
A cross balloon. A transparent ship?
No way… there is a human in it.
Spread out her arms.I am not clear with backlight, but I seem to be looking at her back.
Is it true? I do not know exactly, but if this is really a human it is quite large.
Am I looking even a dream?
When the transparent tip disappears to the left of the moon, the toes of the legs came in.
The cross took about 10 seconds past the moon.
I was looking up at the moon for a while.

『This year is a bit early, I wonder if summer is already over.』
A woman’s voice cried, I returned to myself.
I see a woman with my eyes lowered.
She is an old woman. She is looking up at the moon in the same way near me.
I keep on talking with my eyes on me.
『That person comes at the end of summer.』
「That big one, she is human?」
I immediately asked her.
『Yes, she have been flying through the sky of this west continent from long ago.』
she reply so that it is natural.
I can not understand well, and ask more.
「What is that?」
The old woman answers indiscreet.
『That person is called MEGAMI, it seems that some areas are worshiping like God.』
『see you.』
While saying that, she went into side entrance of the inn nearby.

That evening I was lying on bed and I remembered MEGAMI.
Spectacle floats clearly…
…The outline of the body emerges pale with light of the moon in a transparent cross…
…Spreading both arms and grasping something in the hand that protruded above the moon…
…Something like a stick with a round thing in front …
…Something translucent is in the space at the tip of the head…
…things like tubes are connected from the translucent ones to the head…
…It seems that there is another balloon behind the toe of the leg…
…There is a sphere just around the center of the tip and the toe on the foot side, it is like a mirror, it shows the surroundings…
…And the sphere is also on both sides of the person’s head,Spheres mirror the surroundings the same way…

And, I went to sleep as it was….

Title 十字(Cross)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA