晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

越境(Cross frontier)

越境(Cross frontier)

mechanical pencil(シャープペンシル),
acrylic,
illustration board 21×30×0.2cm(A4)
2020年
¥55,000(消費税込) JPY



私の目の前に突然映された光景をアートワークにしました。映されたのは昼間の光景でしたがアートワークは夜の光景で描きました。光と闇の陰影をシャープペンシルで描きたかったから。
I made artwork out of a scene that suddenly projected in front of me. It was a daytime scene, but the artwork is a night scene. I changed it on my own. I wanted to draw the shadows of light and darkness with a mechanical pencil.


《物語(Story)》
或る惑星の幾つかある月の隣接する2つの月。
そこには鉱物採掘企業による施設が造られている。
軌道エレベーターを兼ねた採掘プラントが点在し、月の周囲に円環状に造られた精製プラントに採掘した鉱物を送っている。
採掘プラントの軌道エレベーターの途中に巨大な岩石が固定されている。月の小さい重力ゆえに出来る業だ。
その巨大な岩石を採掘機で細かくして円環状の精製プラントに送る。
無重力に近い環境での精製を行う為だ。

施設の監視を行うパトローラー達の巨大なサイボーグアニマルが何体か宇宙港の方角へ向かって移動している。
小型のスキッパーも一緒のようだ。
宇宙港は採掘企業ではなく惑星の政府が管理する施設。企業は自前の港を持っている。
彼らは何故宇宙港へ向かっているのか………そして、何をしようとしているのか………

The two adjacent moons of several moons on a certain planet.
There are facilities built by the mining company.
There are scattered mining plants that also serve as space elevators, Minerals are sent to a refining plant built in an annular shape around the moon.
A huge rock is fixed on the way of the space elevator of the mining plant. It is a work that can be done because of the small gravity of the moon.
The mining machine pulls the huge rock into small pieces and sends them to an annular-shape refining plant.
This is to perform refinement in an environment close to zero gravity.

Some of the giant cyborg-animals of the patrollers monitoring the facility are moving toward the spaceport.
A small skipper also appears to be accompany.
The spaceport is not managed by mining companies, but by the government of the planet. Companies have their own spaceport.
Why are they going to the spaceport ……… and what are they going to do ………

Title 越境(Cross frontier)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA