晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

真朱(まそお)の絵(The painting of scarlet)

真朱(まそお)の絵


acrylic,
watercolor pencil,
illustration board 73×56×0.2cm
2014年
¥77,000(消費税込) JPY


《物語(Story)》

【真朱(まそお)の絵(The painting of scarlet)】

大きな絵である。
高さは300mはある。
紅赤(べにあか)の額が周りを囲み、うねる海蜥蜴が壁と絵とを隔てている。
ここは淡紅藤(あわべにふじ)の部屋である。
天井は…霞んで見えない。
どこかで聞いた噂では、2000m以上あるらしい。まさかと思っていたが実際見上げるとその通りかも知れない。

絵は赤い。
絵の全てが赤い色で描かれている。
絵というより、これはインスタレーション。
見上げた絵の中で真朱(まそお)の人が、脚を大きく踏み出し、腕を何かに掲げている。
200m以上の上にあろうか、それを見つめる瞳も赤である。
その瞳は掲げた腕の先にあるものを見つめている。
その先にあるもの、それは…果実。

「この建物って上から見ると正方形よね、確か」
『ソノハズデス』
「でもこの部屋って幅に対して奥行きが少ない様に思うんだけど」
『ホントソウデスネ』
「それにどうしてこんなに天井が高いんだろう」
『ミエナイクライデスモノネ』
「上の方、建物の中なのに雲まである様だし」

隣にいるのはノワール ネコ型異星人。
私の旅のサポートをしてくれている。いつも冷静に状況判断をしてくれる。

この絵は、動いているのだという。
30年前の絵だという画像を見せてもらったことがある。
それは両膝を腕で抱え顔を下へ向けている姿だった。
確かに今 目の前にある姿は全く違う。

画像を見せながらその若者は説明する。
「絵は僅かづつ動いているんだ」
生きているというのだ。
「手を掲げ果実に触れると、災いが起こるという伝説があるらしい」
そしてニヤリと笑ってみせる。

私は絵となることに決めた。
未来永劫、見られる様に…
他の種族に見てもらう為に…
私は縮小遺伝子投影を行い、投影クローンを絵とすることにした。想いが投影される様に…
そして私自身はその裏で深い眠りに就いた。

This is a very big painting.
Height 300m is.
It is enclosed around by the forehead of Beniaka (Scarlet), undulating sea lizard is separates the wall and painting.
Here is a room of awabenifuji (Fuji pink).
Ceiling can not be seen in … hazy.
The rumor I heard somewhere, there seems to more than 2000m. I thought To No way, but might do so when the actual look up.

Painting is red.
All of the painting has been painted in red color.
Rather than a painting, this is installation.
Person of Masoo (true scarlet) in the painting that I looked up was stepping large legs,
she is trying to touch something by her arm.
How shall on top of the more than 200m,
the pupil that stare it is also a red.
Her eyes are staring at what is in the first of arm.
What is there, it is … fruit.

「I think it is square when viewed from the top I this building, certainly.」
『Yes, so is』
「But I do think as depth is small relative to the width of this room.」
『Really Well』
「And I wonder why is it so high ceilings」
『The ceiling can not see.』
「Near the ceiling, there is up to the clouds in the building.」

Next to me, Noir. Cat-type aliens.
He has done a support of my journey.
He brings a for me, always calm judgment of the situation.

It is said that this painting is it moving.
A certain man, there is a thing that showed me the picture that’s painting of 30 years ago.
It was a figure that she lowered head, had in arms both knees.
Certainly quite different from what it is in front of the now eyes.

The young man explained while showing the image.
“Painting is moving little at a time.”
It is said She is alive.
“If her hand is touching the fruit,
apparently there is a legend that disaster will happen.”
And laughed grinning.

I decided to be a painting.
Forever, as seen …
In order to be seen in the other races …
I does the reduction gene projection, the projection clone became a painting.
As feelings are projected …
And I myself went into a deep sleep in the back.

Title 真朱(まそお)の絵(The painting of scarlet)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA