晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

The Bone-covered Evil[邪悪な古代種族達 #1(The Evil ancient tribes #1)]

邪悪な古代種族達 #1:The Bone-covered Evil

mechanical pencil(シャープペンシル),
acrylic,
illustration board 26×18×0.1cm(B5)
2021年
¥55,000(消費税込) JPY



《物語(Story)》

月明かりの下
その種族は現れる
何も無い夜の浜辺に
突如として現れる
ざわめき揺らぐ空間が
その種族をここへ運ぶ

月明かりに照らされた巨体
三本足に支えられ
何かを彷彿とさせる骨に巻かれ
鮮やかな踊る光を放出する
何の為に現れるのか
何の為の光なのか

夜明けの前の神聖な時
再び空間は揺らぐ
その種族が消えた後
何も無い浜辺には
得たいの知れない臭いだけが漂う
朝日の熱に空気が動きだし
空気自体が焼けたような臭いが
辺り一面に拡げられる

ああ
また邪悪が来たんだと
人々は畏れ噂する

とても甲高い鳴き声がしたと幼い子供は言う

震える靄の中に消えたと早起きの老人は言う

空に光が踊っていたと眠れぬ少女は言う

何の為にこの世界にやって来るのか
理由が解らぬまま
その種族は伝説となる

千年以上続く伝説となる

Title The Bone-covered Evil[邪悪な古代種族達 #1(The Evil ancient tribes #1)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA