晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

Hare’s Palace [ハレの宮殿]

Hare's Palace


acrylic,
canvas 112×146×3cm(F80)
2012年
¥275,000(消費税込) JPY


Hare's Palace 拡大1
サイン(晴)
この宮殿は上から見ると、クリスタルが漢字の晴を形作っています。

絵はワープに入ろうとしているところで、宮殿は開放状態ですが、サインは通常状態。

Autograph (Hare)
This palace when viewed from above, Crystal has shaped 晴(Hare) of kanji.

Artwork is, where the palace is about to enter the warp, the palace is open state. Autograph is normal state.


《物語(Story)》

【Hare’s Palace[ハレの宮殿]】

外の白藍(しらあい)の光を内側に通す、固定された気体の扉を抜け、
ハレは庭に出て、頭上に拡がる星空を見上げた。
周りにそびえるクリスタルの塔。
それはまるで自分が、星空に牙を剥く宙鯱の口内にいる様な気にさせる。
今日は彼女を引き揚げる日だ。
720時間前、この辺境の星の氷中に2000mの人型の物体が閉じ込められているという情報が入り、この星域の調査部隊に思念接触を試みさせた。
思念交流が出来るまでに560時間を要したが、その結果、彼女である可能性が97.7%であった。
一部、記憶に混乱と空白が確認されたが、彼女に間違いないと判断し、つい23分前に星の軌道上に到着した。
庭の中央にある猩々緋(しょうじょうひ)に耀くドームに近づいていく。
ここはこの宮殿の中心、エネルギーの貯蔵庫。
船の丹田(たんでん)から放たれるエネルギーをここに貯めてある。
ここが彼女と思念交流を始めたと同時に輝き出したのだ。
そう、下腹部から放出される光も鮮やかである。
今までは貯蔵庫も丹田も、もっと淡く、真朱(まそお)に光っていただけであったが、今では本当に鮮やかだ。初めてのことである。
調査部隊から指令船が、ハレが着く前から既に星の軌道上に待機していた。
指令船の真下に彼女はいる。
ハレが到着すると、指令船は彼女の真上から移動を始めた。
同時にハレは、宮殿と呼ばれるその2000mにも及ぶ船を彼女の真上に滑らせる。
その時から、丹田の光はより高く昇り、ドームからも光の粒が立ち昇っている。
宮殿が彼女に反応している様だ。
この宮殿も彼女も、大いなる種族の末裔だ。
この宮殿は、その身体と知識とエネルギーを了承を得て使わせて頂いている。

Hare went out into the garden, through the door of fixed gas which passes the Shiraai (Light blue with yellow)’s light of outside.
And looked up at the starry sky which spreads over head.
Crystal tower towering around.
It make me feel like being in the mouth of Cosmo grampus to bare fangs in the starry sky.
Today is day of salvage her.
720 hours ago, got the information that human-type object of the 2000m has been trapped in the ice of this frontier star.
And I was allowed to attempt the mind contact to human-type object for the survey troops of this star range.
Took 560 hours until mind contact is start, but the results,
it was 97.7% that possible that human type object is she.
Some confusion and blank in her memory has been confirmed, but judged to be not mistake that human-type object is her.
I arrived in orbit of the star in about 23 minutes ago.
I was closer to the dome that shining in shoujouhi (scarlet) in the center of the garden.
Here is the center of this palace, and here is a reservoir of energy.
The emitted energy from the Tanden (chakra of abdomen) of the ship are pooled here.
Here place is began to shine at the same time as started mind contact with her.
So, the light emitted from the lower abdomen is also vivid.
Until now, storage and Tanden are, more lightly and only shining on Masoo (light scarlet), but now really vivid. It is the first time.
Command ship from the survey troops, was already waiting on the orbit of the star before the Hare arrives.
She is directly under the command ship.
When Hare arrives, the command ship began to move from her just above.
At the same time, Hare is sliding the ship that extends to the 2000m, it called the palace, just above her.
From that time, the light of Tanden is climbing higher, the particle of light has risen up from the dome.
Palace took like have reacted to her.
The palace also, she is also a descendant of Gigantic tribe.
This palace, has let be used to me by approval that body and knowledge and energy.

Title Hare’s Palace [ハレの宮殿]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA