晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

憧れ(Adoring)

憧れ

acrylic,
canvas 41×32×0.4cm(F6)
1988年


《詩(Poem)》

【憧れ(Adoring)】

私は月に憧れ続ける
どうしても惹かれてしまう

私は月になることにした
いつも月を観続けられるように
いつも月と同じ姿になれるように

 

I am continue adoring to moon.
I would have been absolutely fascinated to moon.

I decided to become a moon.
Always so that I can continue watching the moon.
Always so that I can become same figure as the moon.

Title 憧れ(Adoring)

Comment (1)
  1. 八木久美子 より:

    晴英さんの晴れの世界の闇と星星の光は誰にも真似、描くことが出来ないと想っています❗❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA