ーHare's worldー 晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる Arts and stories spun by Hare. Lifeform in the universe, the goddess of the earth that they yearn for, the fascinating world spreads

周遊宿ー角の塔ー(Cruise lodgeーThe horn towersー)

周遊宿ー角の塔ー

acrylic,
canvas 41×32×2cm(F6)
2018年



《物語(Story)》

【周遊宿ー角の塔ー(Cruise lodgeーThe horn towersー)】

昨日チェックインした宿は、一度は泊まってみたかった、この地方の名物だ。
昼間のゆったりとした揺れさえ我慢すれば、結構快適である。
夜は泊まり客と同様に宿自体も眠る為、揺れることはない。たまに突然、身動きすることがあるが、それも名物の一つである。
宿となっているこの動物の体長は、200mはあろうかという巨体。宿部屋となっている肩に聳える塔の様な角は高さが80mはあるとのこと。この角の内部を加工して部屋を造ってある。
頭に聳えるもう一つの鋭い角は、肩のものより太さは少し細いが、長さは更に長い様に見える。
この頭の角には、この宿の経営者がおり、彼や従業員の住居や仕事部屋、水や食料の倉庫、宿の備品庫などがあるらしい。
彼は昼間は、動物の巨体の進行方向を見定める為、前方が良く見える仕事部屋に常駐している。
私は、昨日まで滞在していた街でこの宿にチェックインした。
次の街までの移動手段と昨晩の宿を兼ねてのことである。
まあ、それよりも、この地方に来たら、この宿に一度は泊まってみたかったのだ。
こんな高い場所からの昼間の移動する光景も、夜の満天の星が輝く中でぼぉっと輝く角のパッチワークの様な窓の灯りや、遠くに微かに煌めく街の明かりも。
どれもが想像を越えた体験である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA