ーHare's worldー 晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる Arts and stories spun by Hare. Lifeform in the universe, the goddess of the earth that they yearn for, the fascinating world spreads

チューブワールドー地表に出られない或る惑星での地下世界ー(Tube-worldーThe underground world in a certain planet that cannot be go to the surfaceー)

チューブワールドー地表に出られない或る惑星での地下世界

acrylic,
canvas 22×27×1.5cm(F3)
2019年


“チューブワールド”のアートワークは、上図の視点で描かれています。
The artwork of “Tube-world” is drawn from the perspective shown above drawing.

※リンク(Link)
チューブワールド[構造説明図](Tube-world[structural drawing])


《チューブワールドー地表に出られない或る惑星での地下世界ーについて(Regarding Tube-worldーThe underground world in a certain planet that cannot be go to the surfaceー)》

この風景は、昔から私の心に幾度と無く映される “チューブ状に造られた地下世界”。
緑溢れたのどかな所の様であるが、何度も観せられたこの風景にいつも私が感じるものは、淋しさと抑圧。
光がチューブ世界の天井から照らされ、空間は光で溢れているのに、陰鬱さを感じる世界。
チューブ世界の地面も壁も植物で覆われ、緑で溢れているのに、生命力を感じない世界。
時が停まっているかの様に、今だけを繰り返し、未来を感じることを棄てさせる世界。
それがこの地下世界。
私はまた、このチューブ世界へ夢の中でも行ったことがある。夢で行った時は薄暗く、このアートワークのようにチューブの上半分が透明の窓にはなっていなかった。そこはチューブが地中に完全に埋まっている地域なのかもしれない。

今日も一日が始まる。
この星は、隣の星が銀河の支配者に滅ぼされた時、その星の味方に付いた為に支配者の攻撃により惑星表面は住めなくなる程の被害を受けてしまった。
生き残った祖先達は、地下に住むという選択をした。
このチューブ世界は急造を余儀なくされた復興の初期に造られた世界。そして、もう10億年もの間、この星の人達を生かす場所として存在している。
ここに住む人達にとって、ここは故郷なのだ。
ここは火星と呼ばれる惑星である。

This landscape is “tube-shaped underground world” that has been projected in my heart many times since ancient times.
It seems to be an idyllic place full of greenery, but what I always feel in this landscape that has been seen many times is loneliness and oppression.
A world that feels gloomy even though the light is illuminated from the ceiling of the tube world and the space is overflowing with light.
The world of the tube world, where the ground and walls are covered with plants and overflowing with greenery, however it does not feel the vitality of life.
A world that repeats the present and abandons the feeling of the future as if the time has stopped.
That is the underground world.
I have also been to this tube world in my dreams. It was dim when I went there in my dream, and the upper half of the tube was not a transparent window like this artwork. It may be a region where the tubes are completely buried.

The day begins also today.
When the neighboring star was destroyed by the ruler of the galaxy, this star was on the side of that star, and the surface of our planet was damaged so that it could not live by the ruler’s attack.
The surviving ancestors chose to live underground.
This tube world is a world that was built in the early days of reconstruction which had to be rushed. And it has being existe as a place to live this planet’s people for already 1 billion years.
For those who live here, this is home.
This is a planet called Mars.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA