ーHare's worldー 晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる Arts and stories spun by Hare. Lifeform in the universe, the goddess of the earth that they yearn for, the fascinating world spreads

ティアルツー空気のように軽い宝石ー(The TialzーThe light jewels like airー)

ティアルツー空気のように軽い宝石ー

mechanical pencil,
acrylic,
illustration board 26×18×0.2cm(B5)
2022年



《物語(Story)》

【ティアルツー空気のように軽い宝石ー(The TialzーThe light jewels like airー)】

この宝石は少しだけ特殊だ。
それは、この宝石の生成についてのことである。
この宝石は、大地に埋まっていたりすることもなく、無理やり圧力を掛けて造り出されるものでもない。
この宝石は特殊な能力を持った者達の手から生まれる。
そう、魔法使いの手のひらから生み出される宝石なのである。
それらは、見る限り通常の宝石と変わらない。
緑色のもの、青色のもの、赤色のもの、黄色のもの、色々な色彩のものがある。
硬度も通常の宝石と変わらないし、種類によって様々である。
だが、それらに触れると、初めての時は自分の感覚が信じられなくなる。いや、何度触れても不思議な感覚を伴う。
とにかく軽いのだ。本当に空気のように軽い。
魔法使いが創り出すからといって、幻ではない。時間が経つと消えて無くなるといったこともない。
そしてこれは実は、魔法使いが創り出しているのではなく、他の次元から移してきているのだ。

《“ティアルツ”と呼ばれる宝石(The jewels called “Tialz”)》

彼らティアルツは、斥力を操ることが出来る鉱物である。
(因みに鉱物も、動物や植物と同様に生命体である。)
彼らは、空間自体の次元エネルギーを引き出す能力で、引斥力のうち斥力のみを操作している。
普段は、その斥力を自分自身が浮かない程度に、惑星の重力に逆らう方向に働かせている。だから、空気のように軽いのである。
そして、緊急時や、私たち魔法使いが頼んだ時は、斥力を更に大きくして空中に浮かぶことが出来るのである。
(引斥力を持つものとしてダークマターやダークエネルギーがあるが、これらは通常、次元エネルギーとして空間自体に仕舞われているものである。引斥力を操ることが出来る者達はダークマターやダークエネルギーを操作しているのである。)

《夢の中での出来事(Events in my dreams)》

2019年11月30日 朝4時過ぎ、私は奇妙な夢を見た。
私は夢の中の世界で、両手から宝石を噴出していた。
“出す”という私の思念に伴い、手のひらから宝石が湧き出していた。(普段の、手からエネルギーを出す時と同じ感覚である。)
それらの宝石は、この夢の中の妹の為に出したものである。(今生の私には妹はおらず、また初めて会った人であるが”妹”だと感じた。)
緑色のもの、青色のものが主に涌き出ている。赤色や黄色のものもある。
すかさず2度目に宝石を出した時、その妹は『凄い、手からどんどん涌き出てる』とビックリしながらも喜んでいた。
そう、”出す”と想えば、いくらでも手のひらから出るのである。
そして、その宝石を手に取った妹は、『うわぁ、軽い』と驚いていた。私もそれらを手に取り、その軽さに驚いた。自分自身で出した宝石なのに、私は初めてその宝石を見て触ったのである。
皆3、4cmはあり、大きいものは6、7cmもある。それは原石ではなく既にカットがされている。
そして突然、私と妹のそばに現れた髭面の男(知り合いだと想う)が言った。
『これは、ティアルツだ』と。
そこで私は目が覚めた。

奇妙な夢だった。
目覚めた私の脳裏にティアルツという言葉が焼き付いていた。
そして妹の顔、髭面の男の顔………手のひらから宝石を出す感触。
その感触は、今生の私が手からエネルギーを出す感触と同じであった。
今の夢は、今生の私の意識が時空を遷移し、私の過去生の意識に同調したのかもしれない。
そして、目覚めた私の心に、この宝石の物語が流れ出す。
そしてそれを私は書き留める……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA