晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

ムーより(From Mu)

ムーより


acrylic,
canvas 61×73×2cm(F20)
2016年
¥77,000(消費税込) JPY


《詩(Poem)》

【ムーより(From Mu)】

蒼く輝く鏡

この宇宙を この銀河を 駆け巡り続ける
蒼く輝く2000mを超える巨大な鏡
鏡を抱え、駆け巡り続ける、荘厳な女神と共に
震える美しい鏡
ムーの心を ムーの世界そのままを
この宇宙 この銀河に伝える為に

 

Blue shining mirror

At this universe At this galaxy
Keep running around
A gigantic mirror exceeding 2000 meters shining brightly of blue
Holding a mirror, keep running round, Beautiful mirror tambling with a majestic goddess
Mu’s heart, Mu’s world,
To convey to this universe to this galaxy


この鏡は平たく薄いのですが、鏡面は液体で出来ており、その内部は深く、ムーと、地球と繋がっています。
女神は常に右手を鏡の中に入れており、ムーを感じています。
そして、遥かな時と空間を超えて愛し続ける人のエネルギーを感じているのです。
その人のエネルギーが鏡の中に投影されるほどに。

This mirror is flat and thin, but the mirror surface is made of liquid, its inside is deep, it is connected with Mu and the earth.
The goddess always puts her right hand in the mirror and feels the mu.
And she feel the energy of person who love to go far beyond time and space.
Deeply enough like that person’s energy is projected into the mirror.

Title ムーより(From Mu)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA