ーHare's worldー 晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる Arts and stories spun by Hare. Lifeform in the universe, the goddess of the earth that they yearn for, the fascinating world spreads

御樹(みき)の世界(World of The Tree)

御樹(みき)の世界

acrylic,
canvas 41×32×2cm(F6)
2018年



《詩(Poem)》

【御樹(みき)の世界(World of The Tree)】

僕はここしか知らなかった。
僕はずっとここが世界だと想っていた。
僕は今、世界の秘密を知った。
この世界は”御樹(みき)”と呼ばれるらしい。
この外に本当の世界が本当に在った。
僕は真実の友と伴に、御樹を飛び出した。
そして本当の世界に旅立った。

僕は世界を旅した。
でも世界は純粋ではなかった。
信頼も無かった。
真実も無かった。
本当の世界だと想った世界は偽善だった。

私は御樹に戻った。
御樹は純粋だった。
御樹には信頼があった。
外の世界を知って、御樹の世界が真実だと気づいた。

私は私が生まれ育った御樹の世界が素晴らしいことをやっと知ることが出来た。

I knew only here.
I always thought that this is the world.
I have now learned the secrets of the world.
This world seems to be called “The Tree(Miki)”.
Besides this, the real world really existed.
I flied out of The Tree(Miki) with my true friend.
And I left for a real world.

I traveled the world.
But the world was not pure.
There was no trust.
There was no truth.
The world I thought was a real world was a hypocrisy.

I went back to The Tree(Miki).
The Tree(Miki) was pure.
There was trust in The Tree(Miki).
When I learned about the outside world, I realized that World of The Tree(World of Miki) was the truth.

I finally learned that World of The Tree(World of Miki), where I was born and raised, is wonderful.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA