晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

緋色の夜(Scarlet night)

緋色の夜

acrylic,
canvas 41×32×2cm(F6)
2018年
¥55,000(消費税込) JPY


《物語(Story)》

【緋色の夜(Scarlet night)】

このラウンジを照らす真っ赤な光。
それは、今宵、皆が集う天井の高いこの部屋の、大きな窓の殆どを占める様に夜空に浮かぶ、大きな月から注がれている。
夜空自体もこの緋色の月の光で緋色に染まっている。
天体が赤い。それは有機化合物と紫外線で生成される赤い物質で表面が赤く見えるという、ありふれたレベルのものではない。
この惑星に浮かぶ月は、表面も内部も全て緋色だ。
太陽の光を反射するだけでなく、内部に取り込んで反射させ増幅してこちらを照らしている様だ。

ここに集う私と私の仲間は、顔も身体も赤く染まっている。ラウンジ自体も照らされている所は赤い。そして照らされていない所も暗くはなく、ぼんやり赤く色づいている。
窓の一つは緋色を補正し、昼の様な光に変換して床の一部分だけを照らしている。

「ああ、こんなに真っ赤じゃ、眼がおかしくなっちまうよ」
「そうだね、もう部屋へ戻ろうか」
待ちくたびれた仲間が不満そうに文句を言う。
私達はこの家の主を待っているのだ。
そこへ扉が開き、主がラウンジに入ってきた。
「お待たせしました」
皆は主の方に向き、挨拶を交わし、そして無意識に窓を振り返る。
「ああ、この光が邪魔ですかな。遮光しましょうか」
「是非、そうして頂きたい。皆、眼が馴れていませんので」
「そうですね、失礼しました。私共は生まれた時からこれが当たり前でして、案内した者がお客様に馴れておらず、気がつきませんで申し訳ありません」
そう言って手を挙げると、主と一緒に入ってきた執事が窓の遮光を操作し、ラウンジは普通に暗くなり(他の星での普通)、そして照明が点灯した。

私達はソファーに座り直し、主も対面に座った。
私は窓に目をやりながら主に尋ねた。
「あれは、いつから浮かんでいるんですか」
「そうですね、記録では2000年前からだと記されていますが、定かではありません」
と申し訳なさそうに答えた。
「というと、あの生命体はそれほどまでに古く、あの姿のままあそこに浮かんでいると?」
「そうです、あのままで」
と言いながら主は月のある方を見つめた。
私も私の仲間も月のある方を見つめた。

「あれは何なのですか?」
私は単刀直入に尋ねた。
私達がこの星に来た理由は、この月の為なのだ。
私の母星がこの星を宇宙連合に組み入れて以来、母星はこの赤い月のことを余り気に掛けていなかった。
実はこの月が巨大な生命体の卵なのだと気づいた時、母星は苛ついた。そして私達、非ヒューマノイドハンター部隊に命令が下った。調査しろと。
そして先ず、この星の領主へ会いに来たのだ。

「あれは、あなた方も気づいておられる通り、卵です。少なくとも、そう伝えられています」
「伝えられているとは?」
「この星の記録でそう記されています。最初の記録が今と同じ卵という記録なのです」
「大昔からずっとあのままなのですね」
「全く同じではありません。動いています」
「動いている?生きているということですか?」
「今は、この北半球では頭は下に向いています。ですが、300年前の記録では上を向いています。数百年毎に向きを変えているのです」
「2000年以上前から存在していて、数百年に一度しか動かず、今でも胎児の状態とは、あの生命体の成長はそれほどまでに遅い」
「そうです。そして、動く都度にこの星では大地震が発生しています。惑星と月の引力のバランスが崩れるのです」

この星を離れる前に星の記録を閲覧させてもらい想像されるには、この月はどうやら宇宙をさ迷い続けていた。そして2000年前の最初の記録より遥か前にこの星の重力に捕らえられ軌道に乗ってしまった。その時のこの星の大異変は凄まじかっただろう。その後、復興を遂げ、2000年前の記録に初めて月は登場する。その時の人々にとって月とは赤く胎児が入っていることが当たり前のものであったに違いない。その後も胎児が動く都度に地震、津波等の災害に見舞われ、胎児との関係が解り始めたのだろう。今では胎児の状態を常に把握し、災害に備え様としている。

私達は母星に有りのままを報告することにした。
月の正体、この星と月との関係、歴史、人々の想い。

領主と別れ、領事館を出る。領事館も、停泊した私達の船も、私達も、何もかもが緋色だ。
乗船する前に私達は上空の巨大な月を眺めた。
何故浮かんでいられるのか戸惑う程に巨大だ。
(体積に対する質量が通常の月よりとても小さい為なのだが)
乗船し、空間のあらゆるものが緋色の中、船を上空の月に向かわせた。
巨大な緋色に光る球体が、前面多面モニターを全て使用しているにも関わらず、その横幅全体に入りきらない程に更に巨大になる。
内部の胎児が迫ってくる。
胎児自体も緋色に輝き、その頭は艶やかで、その顔はとても安らかに想える。
その顔に近づいてみる。穏やかな目元。

私は何か涼しさを感じる。そして暖かさも。
私の心に想いが届く。
“ただここに存在する”

私が仲間が見つめるモニターに、巨大な瞑った目が流れていく。
その目が震える。
そして彼女が薄目を開ける。
その瞳は、とても優しかった。

そしてまた、想いが届く。
“あなたは何故存在するの?”

Bright red light that illuminates this lounge.
It is poured from a big moon floating in the night sky so as to occupy most of the big window of this high ceiling room where everyone gathers tonight.
The night sky itself is stained scarlet with the light of this scarlet moon.
Celestial bodies are red. It is not a common level that the surface looks red with red material that is generated by organic compounds and ultraviolet rays.
The moon floating on this planet, the surface and the interior are all scarlet.
It seems that it not only reflects the sun’s light, but also captures it internally, reflects it, amplifies it, and is shining this planet.

Me and my colleagues gathering here have their faces and bodies all dyed red. The lounge itself is also red colored by the moon. And the place not illuminated is not dark, it is fuzzy red.
One of the windows corrects the red color and converts it to daytime like light to illuminate only a part of the floor.

“Oh, it’s so red it will make my eyes go crazy.”
“Yes, I want to get back to the room.”
My colleague who is too long to wait complains with discontent.
We are waiting for the Lord of this house.
There a door opened and the Lord came into the lounge.
“Sorry I made you wait”
Everyone turns to the Lord, gives greetings, and unconsciously looks back at the window.
“Oh, is this light disturbing. Shall we shade it?”
“I would like you to do so, since the us eyes are not used to it”
“Well, I’m sorry, this is commonplace from the time we were born. I’m sorry that our guide have not really used to gotten guests, so I do not notice it.”
When the Lord said that and rised a hand, the butler who came in with the Lord operated the shading of the window, the lounge became dark normally (normal on other stars), and the lights turned on.

We sat back on the sofa, and the Lord sat on the other side.
I asked the Lord as I looked at the window.
“From when, is that floating?”
“Well, in the record it is stated that it was from 2000 years ago, but it is not certain.”
he answered it looks sorry.
“Then, you think that life form are so old and you are floating over there with that figure”
“Yes, as it is”
Then the Lord looked at the direction where there would be a moon.
Me and my colleagues also looked at the direction that there would be a moon.

“What is that?”
I asked straight.
The reason why we came to this star is for this moon. Since my mother star incorporated this star into the universe coalition, my mother star did not care much about this red moon.
Actually, when I noticed that this moon was an egg of a huge living organism, my mother star was irritated with the moon. And then, they ordered us non-humanoid hunter unit.Be investigate it.
And first, I came to see the lord of this star.

“That is an egg, as you are aware of it, at least that has been said.”
“been said?”
“It’s so stated in this star’s record. the first record is the same egg as now.”
“It has been as it is since ancient times.”
“It’s not exactly the same, it’s moving.”
“Do you mean that that is moving? Is that alive?”
“Now in this northern hemisphere that head is facing downwards, but in the records of 300 years ago it faces upward, which is changing every few hundred years.”
“It has existed since more than 2000 years, only moved once in a few hundred years, even now the condition of the fetus is that the growth of that life form is so slow.”
“That’s right, a large earthquake has occurred in this star every time it moves, the balance between the attraction of the planet and the moon collapsed.”

We browsed this star’s record before leaving this star. To be imagined, this moon kept wandering the universe. And it was caught by the gravity of this star long ago before the first record of 2000 years ago and got on track. The great storm of this star at that time must have been frightening. After that, the restoration has been accomplished, and the moon will appear for the first time in 2000 years ago record. For those people at that time, it must have been natural that the moon is red and the fetus is in it. After that, even, in conformity with the movement of the fetus, disasters such as earthquakes, tsunamis and the like hit this star, so the relation between the fetus and the disaster probably began to be understood. Currently they are constantly grasping the condition of the fetus and are preparing for disasters.

We decided to report as it is to the mother star.
The true character of the moon, the relationship between this star and the moon, the history, the thought(mind) of people.

We leave the lords and leave the consular office. The consulate, our ship at berth, we, everything, everything is scarlet.
Before we got on the ship we looked at the huge moon over the sky.
It is huge enough to be perplexed why it can be floating.
(It is because the mass relative to the volume is much smaller than the usual moon)
On the ship, everything in the space was scarlet, and the ship was turned to the moon over the sky.
A giant red glowing sphere becomes even huge to the extent that the moon does not fit all over its width, even though the ship is using all the front multifaceted monitor.
An internal fetus approaches.
The fetus itself shines scarlet, its head is glossy, its face is very calm.
We try to approach that face. Gentle eye.

I feel something cool. And warmth.
Her thoughts reach my heart.
“I am existence on dimention”

Her gigantic closed eyes flow to the monitor that me and my colleagues see.
That eyes tremble.
And she can open her eyes a little.
That pupil was very kind.

And again, her thoughts arrive.
“Why do you existence?”

Title 緋色の夜(Scarlet night)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA