晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

動き橋 #2ー橋を渡るー(Motion Bridge #2ーCross a Bridgeー)

動き橋ー橋を渡るー


acrylic,
illustration board 36×52×0.1cm(B3)
2017年
¥55,000(消費税込) JPY

※リンク(Link)
動き橋 #1(Motion Bridge #1)


《物語(Story)》

【動き橋 #2ー橋を渡るー(Motion Bridge #2ーCross a Bridgeー)】

地球人が洞窟を歩いている。ネコ型宇宙人ノワールを連れて。
出口が見えてきた。
「やっと出口だわ。」
でもその先は何も無い。
「何これ。」
『ドウシマショウ』
切り立った崖の途中に開いた穴から顔を出している地球人とノワール。
向こう側にも並行して崖がそびえ立っている。10mくらい間があろうか。
よく見ると向こうの崖にも穴が開いている。でも左で下の方。
戻るしかないのかな・・・。それともあの穴へ行く方法は・・・。
「何この音?」
かさかさ、ぺたぺたが混ざって聞こえる。
だんだん大きくなってくる。
”お待たせでございます”
「ノワール、何がお待たせなの?それも変な声で。」
『ノワールデハナイデス。』
”わたくしでございます”
洞窟の外の何かがしゃべっている。
出口の縁に3つの手が掛かっている。
「あなた何。」
と言いながら外を覗くと、3つの手以外にも うじゃうじゃと手が崖をつかんでいる。
その手の基は大きな四角柱が向こうの崖まで続いている。
向こう側にも手がある様だ。
こちらを向いている四角柱の面に大きな目が2つ。
その目の間の眉間の顔がしゃべっている。
”わたくし【動き橋(Motion Bridge)】でございます”
「何か用?」
”穴から穴へお渡しするのがわたくしの役目でございます”
と言いながら橋が動いた。四角柱が洞窟の出口に重なる様に。
”さあお乗り下さい”
「向こうへ渡してくれるの?」
”そうでございます”
地球人とノワールは洞窟を出て橋に入った。
出口と橋の間に隙間はほとんど無い。
動くときは崖との間に手を動かすスペースがいるが、人が乗るときは端の部分が伸縮し隙間がなくなるらしい。
中はがらんどう。
少し進むと横に長い窓から2つの崖が見渡せる。先にももう一つ同様の窓がある。
『サッキノメデスネ、コノマドハ。』
「動き出したみたい。」
窓から見える両崖にはいくつも穴が開いている。
”どちらの穴へ行きましょうか”
内部にも声が響いている。
『サッキノアナカラ、ヒダリシタニアッタアナデスネ』
「どうせならあっちの遠くの穴へ行ってみましょう。」
”了解いたしました。”
しかしこの崖はどこまで続いているのだろう。先も下も上もかすんでいる。
”到着いたしました”
反対の端に洞窟の入り口がある。
”またお寄りの際はご利用くださいませ”
「ありがとう。」
『アリガトウゴザイマシタ』
「でもこの洞窟どこまで続くんだろう。」
『ホントウデスネ、サッキハヤットオワッタトオモイマシタノニネ』

Earthling is walking the cave. She take the cat-type alien Noir.
Exit came into sight.
「Finally exit.」
But forwored is nothing.
「What’s this.」
『What should we do』
Earthling and Noir popped head out of the open in the middle of a steep cliff hole.
Cliff is still standing in parallel to the other side. Whether it would be between about 10m.
Look good, a hole in the other side of the cliff are open. But the lower on the left.
Only return or …. Or the way to go to that hole ….
「What this sound?」
Hear a mix of rap and rustle.
It becomes louder and louder.
“Sorry I made you wait”
「Noir, what’s that I made you wait? It in a funny voice.」
『Not It Noir.』
“It’s me”
Something outside of the cave is talking.
Three hands are hanging on the edge of the outlet.
「You who?」
Peek outside to say so.
Many hand in addition to the three hands are grabbing the cliff.
The base of the hand, a large square pillar is continued until the other side of the cliff.
I am look lot of hands on the other side.
Two big eyes are put on the surface of the square pillar facing us.
Between its eyes, the face located between the eyebrows is speaking.
“I am [Motion Bridge]”
「What’s wrong?」
“To pass from hole to hole, is my work”
Bridge has moved while saying so. Rectangular is such overlap on the exit of the cave.
“Now please get on”
「To pass to the other side?」
“That’s right”
Earthling and Noir entered the bridge of out of the cave.
There is not almost gap between the outlet and the bridge.
Although there is space to move the hand between the cliff when the bridge moves,
End part is stretch when person ride, and gap is nothing.
There is nothing inside.
A little walk, two cliff overlooking from a long window to the side.
To forward there is also another similar window.
『This is the eyes that saw earlier, this window.』
「Began to move.」
On both cliff visible from the window, several holes are open.
“Which let’s go into the hole?”
Voice is echoing also inside.
『It is just in the lower left hole.』
「Let’s go to a distant hole.」
“OK.”
However, this cliff is continued to anywhere ? before, also under, also upper are hazy.
“Arrived”
There is an entrance to the cave at the opposite end.
“Also Please use”
「Thank you.」
『Thank you very much.』
「But this cave where is continue to ?」
『Sure, I thought that was finished
a little while ago』

Title 動き橋 #2ー橋を渡るー(Motion Bridge #2ーCross a Bridgeー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA