晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

《ディテールアップバージョン(Version of add details)》七歳の星クローン兵器 ダークマター引斥力強制振動フィールド発生リング装備形態(The seven-year-old star’s Clone-weapons Dark-matter attractive-repulsive-force forced oscillation field generating ring equipped form)

《ディテールアップ バージョン》七歳の星クローン兵器 ダークマター引斥力強制振動フィールド発生リング装備形態


acrylic,
canvas 41×32×2cm(F6)
2018年/add details 2019年
¥55,000(消費税込) JPY


《物語(Story)》

【七歳の星クローン兵器 ダークマター引斥力強制振動フィールド発生リング装備形態(The seven-year-old star’s Clone-weapons Dark-matter attractive-repulsive-force forced oscillation field generating ring equipped form)】

突然に、この宙域の一区画が青色に染まる。
「どうした」
「何だこれは」
「この青は何なんだ」
仲間の少し怯えた声が、私の乗る戦闘艦のコクピットに反響する。

この宙域で戦闘が始まり、敵側の奥に離れた空間にリングが確認されていた。
新型の船なのか、それとも新兵器なのか、我々、銀河星団のデータバンクには該当するものは無かった。
前線での敵のクローン兵器との戦いが激しさを増していた時、その前線の一画が青く染まった。
仲間の戦闘機パイロット達の声が、その異様な光景を伝える。
青く輝き空間を染める光に驚く声に続き、悲鳴が混ざる声が響き渡る。
「ぐぅああ…痛い…ちぎれる」
「ううぉ…熱い、溶ける」
断末魔の叫びだった。

我々は前線の仲間の全滅を見守るしかなかった。
敵は青い光を7回発生させた。
見守りながら我々は、青い光が何なのかをエネルギー探知機で調べた。
青い光の内部では、引力と斥力という互いに逆方向の力が発生していた。尚且つそれは、波が流れる様に交互に力が切り替わっていた。そしてそれは、人間の身体がその力で粉砕される程の短空間及び短時間で交互に切り替わっていた。まるで振動する様に。
敵の奥にあったリングが前線まで移動してきていた。
青い光の発生源は直径200mはあるそのリングであった。

前線で戦っていた我々の仲間は、パイロットだけでなく戦闘機も粉々に破壊されていた。
しかし何故か、敵のクローン兵器は全く無傷であった。
私はその理由を直ぐに悟った。奴等、クローン兵器のパイロット自身が相殺する力を発生したに違いない。パイロットが発生した相殺引斥力をクローン兵器が青い光に同調する様に短空間/短時間の振動に圧縮し、自身の周りをそれで包んだのだ。
何という新兵器なんだ。

後の戦闘で解ったことだが、リングはクローン兵器が装備して操縦し、クローン兵器パイロットの思念で空間に引斥力を発生、クローン兵器が思念を増幅、そしてリングが短空間/短時間の振動に圧縮し更に増幅させる驚愕の兵器であった。

Suddenly a section of this space area dyed blue.
“What happened?”
“what is this?”
“What is this blue?”
A little frightened voice of my comrades echoes to the cockpit of the battle ship I ride.

A battle began in this space area, and a ring was confirmed in a space far away on the enemy side.
Whether it is a new type ship or a new weapon, there is nothing in the data bank of our The Galaxy-clusters.
When the fight against the enemy’s Clone-weapon on the front line was intensifying, one of the front lines stained blue.
The comrade fighter pilots’s voices convey that strange sight.
Following the voices of comrades surprised against the light that shines blue and dyes space, the voices mixed with screams echoes.
“Gou Oh … it hurts … torn!”
“Uoo … hot, melting”
It was a cry of the apocalypse.

We had no choice but to watch the annihilation of the comrades of the front line.
The enemy raised the blue light seven times.
While watching the comrades dying, we used energy detectors to find out what the blue light is.
Within the blue light, opposing forces of attractive force and repulsive force were generated. Furthermore, the force was alternately switched so that the waves flowed. And it was alternately switched in a short space and in a short time so that the human body could be crushed with that power. Like to vibrate.
The ring on the far side of the enemy was moving to the front line.
The source of blue light was that ring with a diameter of 200 m.

Our comrades who were fighting on the front line were crushed. Besides pilots, fighter aircraft were also destroyed shattered.
But why, the enemy’s Clone-weapons were not destroyed at all.
I soon realized the reason. They … must have generated the power that the pilot of Clone-weapons themselves can offset.
It compressed the offsetting attractive-repulsive-force generated by the pilot so that the Clone-weapon synchronized with the blue light into a short place / short time vibration, and wrapped it around themselves.
That is the worst new weapon.

As we understood in the latter battle, the ring was equipped by the Clone-weapon and operated, the Cloned-weapon pilot’s psychokinesis wave generated attractive-repulsive-force in space, Clone-weapon amplify psychokinesis wave, and it was a startling weapon that the ring compresses it further into short space / short time vibration and further amplifies it


《兵器仕様(Weapon specifications)》

〈クローン兵器〉
・銀河の支配種族『七歳の星』における戦闘用人型兵器
・身長は約40m
・操縦者の遺伝子を使い、操縦者の体格を戦闘に向く様にアレンジして拡大投影したクローン兵器
・クローンの遺伝子提供者が腰部のパイロットスフィアに搭乗することにより思念で操縦
・防御スキンを標準装備

〈ダークマター引斥力強制振動フィールド発生リング〉
〔コンビネーション装備〕
①クローン思念コンタクトリング(ショルダーホールドタイプ)
・クローン兵器パイロットの思念を増幅したクローン兵器との思念コンタクトを行い、フィールド発生リングに思念を繋げる。
②ダークマター推進球パラレル引斥力増幅シリンダー
・通常は単体でクローン兵器に装備されるダークマター推進球を複数設定し、引斥力を増幅させる、脚部へ装備可能なシリンダー状の推進装備。
・フィールド発生リング自体のダークマター推進球と同調し、この兵器システム全体を移動操作する。
③扇状拡散電磁キャノン
④クリスタルキャノン

〈Clone weapons〉
・Battle-humanoid-form-weapons of“The star of Seven-Year-Old”as the dominant tribe of the galaxy
・Height is about 40 m
・The clone weapons is using the pilot’s genes, the weapons of expanded-projecting-clone that arranged the pilot’s physique as matching with battle
・Gene provider pilot for clone is maneuvering clone by thought by boarding a pilot sphere in the lumbar region
・Defensive skin as standard

〈Dark-matter attractive-repulsive-force forced oscillation field generating ring〉

①Clone’s psychokinesis wave contact ring (shoulder hold type)
・Make contacts with cloned weapons that amplified clone weapons pilot’s psychokinesis wave, and connect psychokinesis wave to field generating ring.
②Dark-matter-propulsion-ball parallel attractive-repulsive-force amplifying cylinder
・Plurality setting that Dark-matter-propulsion-ball which are normally equipped as singular form in the Clone-weapons, and it amplifies attractive-repulsive-force, cylinder-like propulsion equipment that can be equipped to the legs.
・Synchronize with Dark-matter-propulsion-ball of the Field-generating-ring itself, and operate moving the entire weapon system.
③Fan-shaped(Ougi) diffusion electromagnetic cannon
④Crystal cannon

Title 《ディテールアップバージョン(Version of add details)》七歳の星クローン兵器 ダークマター引斥力強制振動フィールド発生リング装備形態(The seven-year-old star’s Clone-weapons Dark-matter attractive-repulsive-force forced oscillation field generating ring equipped form)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA