晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

地獄の行政官と看守のための通勤シャトル(奈落の街⇔地獄)(The commuter shuttle for Administrators and Guards of Hell(The bottomless city⇔Hell))

地獄の行政官と看守のための通勤シャトル(奈落の街⇔地獄)


mechanical pencil(シャープペンシル),
acrylic,
illustration board 30×21×0.2cm
2020年


※リンク(Link)
奈落の街(The bottomless city(The hades city))


《地獄と奈落の街について🔻🔴🔻Regarding Hell and The bottomless city(The hades city)》

マリアナ海溝の海底。
地球で最も深くにある海底。
その地面の更に奥。
そこに、地獄は存在する。

人間は死んだ後、地上で彷徨い続ける。死んだ人間はネガティブエネルギーのみを持つネガティブエネルギー100%の存在となる。
また、人の中には強大なエネルギーを有している者もいる。
地球が故郷であるムーの人々の中にも、そして地球で生きる宇宙種族の中にも、強大なエネルギーを持つ者がいる。
ムーの人々の中で、純粋さを保ち続けている人はもう少数になってしまったが、彼ら彼女らは非常に強いエネルギーを持っている。
宇宙種族は、観光ツアーの観光客として地球に転生している。彼ら彼女らは地球で死ぬと、故郷の星で夢から目覚めるだけである。意識だけを地球に飛ばして転生しているのである。この様な観光客は地球の人口の実に半分を占める。
しかしながら、地球で輪廻を繰り返している宇宙種族がいる。かつて銀河星団として地球を護る為に命を懸けた者達である。彼ら彼女らは、今では観光客として地球に遊びに来てムーの人々を虐げ続けている宇宙種族から、遥か昔に地球を護ろうとした者達である。
純粋さを保ち続けているムーの人でムー次元へ還ることが出来なかった者の中で、そして地球で輪廻している宇宙種族の中で、強大なエネルギーを有している存在達は、その死後において非常に問題のある存在となる。
その問題とは、強大なエネルギーを有する存在がネガティブエネルギー100%の存在となった場合、地球を破壊してしまうという恐れがあるのである。それ程までにエネルギーが強大なのである。

そこで、この地球を創り管理している存在達は、解決方法を考え出した。
それは、地球を破壊してしまう恐れがある存在達を閉じ込めておく場所を設けること。
その為に、地獄が創られた。

簡単に言えば、
地獄とは、悪人が行く場所ではない。
善人でも悪人でも死ねばネガティブエネルギー100%の悪人となって、地上を彷徨うのである。
地獄とは、生まれながらにして強大なエネルギーを持っている者が死んだ後、放って置けない為に隔離される場所なのである。
例え、その強大なエネルギーを持った者が、地球を護る為に命を捧げたとしても………

奈落の街。
そこは、地獄への途中に存在する街。
暗闇に包まれた海溝の何処かにある、闇に浮かぶ街。
幻影の街とされているが、確かに存在する街。
地獄に行く資格を有する者にしか、観ることすら赦されない街。地獄へ向かう途中で眼にする街。
そこは、地獄を管理する者達(行政官と看守)が住む街。
そして、この街を観た者は決してこの場所のことを地上の者に伝えることは出来ない。
何故ならば、彼らは二度と地獄から出られないからである。

しかしながら、奈落の街の存在は漏れ伝わる。
それは、地獄に閉じ込められたマインドの、元なる魂から生まれ他時間へ送られた別マインド(未来生)が、その光景の記憶を魂を通じて観てしまうからである。
過去生の記憶を未来生が観てしまうのである。

同じ魂から生まれ、別時間へそれぞれ送られたマインド達は、魂を通じて互いの記憶を共有しているからである。
時間を超えた記憶の共有。
過去も未来も現在も、同時に進行しており、そして時間の壁はなくマインドの思念は共有されるからである。

The bottom of the Mariana Trench.
The deepest seabed on the earth.
further down the ground.
There is hell.

The humans continue to wander on Earth after death. The dead humans has “only 100% negative energy”.
Also, in the some people, they have special great energy.
Some of the people of “Mu” who Earth is home, and some of “The space tribes” living on Earth, have special enormous energy.
Few of the Mu people have kept their purity, but they have very strong energy.
The space tribes are reborn on Earth as “Tourists” on sightseeing tours. When they die on Earth, they only wake up from their dreams on home stars. They are reincarnating, sending only consciousness(“mind”) to Earth. Such “Tourists” surprisingly make up half the earth’s population.
However, there are the space tribes that are repeating cycles reincarnating at Earth. They once risked their lives to protect Earth as “The Galaxy Star Clusters”. They were the ones who long ago sought to protect the earth from the space tribes who now visit the earth as tourists and continue to oppress Mu people.
Of Mu people who continue remain pure that have not been able to return to “The Mu dimension”, and of the space tribes that repeating cycle reincarnating at Earth, those who possess special enormous energies, become very problematic after their death.
The problem is that if something with special enormous energy becomes 100% negative energy, it could destroy the earth. Their energy is so great.

So the being who created and manage this Earth came up with a solution.
The idea is to create a space to contain those who could destroy Earth.
So “Hell” was created.

To put it simply:
Hell is not the place where evil peoples goes.
When a good person or a bad person dies, whichever, they becomes a bad person with 100% negative energy and continue to wander on Earth.
Hell is a place where a person who is born with special strong energy is isolated after death because the being cannot be ignored.
Even if those with this special enormous energy gave their lives to save the earth………

The bottomless city(The hades city)
It’s a city on the way to hell.
It’s a city floating in the dark somewhere in a dark trench.
It’s a city of illusions, but it does exist.
A city where only those qualified to go to hell are forgiven even to see.
The city they see on their way to hell.
It is the city where those who “Administrators and Guards of hell” live.
And those who see the city will never tell the upground about it.
Because they will never get out of Hell again.

However, the existence of “The bottomless city(The hades city)” is to be leak.
This is because another mind (Future-life), which is born from the original soul of the mind trapped in hell and sent to another time, watches the memory of the scene through the soul.
Future-life sees the memories of Past-life.

Because the minds born of the same soul and sent to different times share each other’s memories through the soul.
It is sharing memories over Time.
Because the past, the future, and the present are going on at the same time, and there is no time wall and the mind’s thoughts are shared.

Title 地獄の行政官と看守のための通勤シャトル(奈落の街⇔地獄)(The commuter shuttle for Administrators and Guards of Hell(The bottomless city⇔Hell))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA