晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる

七歳の星クローン兵器 ビームキャノンスカート装備形態(試作開発中) (The seven-year-old star’s clone weapons Beam-cannon-skirt equipped form(prototype under development))

七歳の星クローン兵器 ビームキャノンスカート装備形態(試作開発中)

mechanical pencil(シャープペンシル),
acrylic,
watercolor pencil,
illustration board 30×21×0.1cm(A4)
2018年
¥55,000(消費税込) JPY


【七歳の星クローン兵器 ビームキャノンスカート装備形態(試作開発中) (The seven-year-old star’s clone weapons Beam-cannon-skirt equipped form(prototype under development))】

《兵器仕様(Weapon specifications)》

〈クローン兵器〉
・銀河の支配種族『七歳の星』における戦闘用人型兵器
・身長は約40m
・操縦者の遺伝子を使い、操縦者の体格を戦闘に向く様にアレンジして拡大投影したクローン兵器
・クローンの遺伝子提供者が腰部のパイロットスフィアに搭乗することにより思念で操縦
・防御スキンを標準装備

〈ビームキャノンスカート(試作開発中)〉
・クローン兵器の腰部に装備可能な複銃身式ビームキャノン
・制御装置としてダークマター推進球がキャノン毎に組み入れられており、パイロットはクローンを介して思念でキャノン動作及びビーム射出の操作が可能
・ビームキャノンは近距離戦闘においてはビームソードとしても使用可能
・各キャノン内にビームエネルギーを貯蔵出来る

〈ビームキャノンバングル〉
・ビームキャノンスカートのオプション装備であり、クローン兵器の腕に装備可能
・クローン兵器の肘部に装備可能なビームエネルギータンクにビームエネルギーを貯蔵出来る

〈ダークマターシールド〉
・ダークマターの斥力を利用したシールドで、クローン兵器の腕に装備可能
・ダークマタープレートによる物質及びエネルギーへの斥力と、ビームエネルギー形状停滞装置による物質及びエネルギーからの防御の、ダブル防御を行う
・ビームエネルギー形状の拡大縮小が出来、それは部分的にも可能

〈オペレーションマスク〉
・ビームキャノンスカートの各キャノンの複雑制御が可能になる、クローン兵器の頭部に装着するマスク

〈ビームエネルギータンク〉
・クローン兵器の背部に装備可能な、ビームキャノンスカート及び、ビームキャノンバングルの予備エネルギータンク
・ビームキャノンスカート及び、ビームキャノンバングルへのビームエネルギーの補充は、非接触伝送で行う

〈補助ダークマター推進球〉
・クローン兵器の単独での移動の補助として、補助ダークマター推進球を両肩部及び、両脹ら脛部に装備
(通常、クローン兵器は、操縦者である七歳の星の種族の超能力により空間に満ちるダークマターの引力と斥力を制御し、自らを拡大クローンしたクローン兵器とのシンクロにより超能力を増大して、宇宙空間を移動出来る。しかしながら、急速移動や長時間移動を考慮し補助ダークマター推進球を装備する場合がある)

〈Clone weapons〉
・Battle-humanoid-form-weapons of“The star of Seven-Year-Old”as the dominant tribe of the galaxy
・Height is about 40 m
・The clone weapons is using the pilot’s genes, the weapons of expanded-projecting-clone that arranged the pilot’s physique as matching with battle
・Gene provider pilot for clone is maneuvering clone by thought by boarding a pilot sphere in the lumbar region
・Defensive skin as standard

〈Beam cannon skirt (prototype under development)〉
・Multiple barrel type beam cannon that can be equipped on the waist of clone weapons
・A Dark matter-propulsion-ball is incorporated as a control device for each cannon, and the pilot can manipulate cannon motion and beam shooting by thought through a clone
・Beam-cannon can also be used as Beam-sword in short range battle
・Beam energy can be stored in each cannon

〈Beam cannon bangle〉
・A optional equipment for Beam-cannon-skirt, can be equipped on the arm of clone weapons
・Beam energy can be stored in a Beam-energy-tank that can be equipped on the elbow of a clone weapons

〈Dark matter shield〉
・Shield utilizing the repulsive force of dark matter, can be equipped on the arm of clone weapons
・Perform a double defense of repulsion force to substance and energy by dark matter plate and defense from substance and energy by beam energy shape retention device
・Enlargement/reduction of beam energy shape can be done, which can also be partially done

〈Operation mask〉
・Beam-cannon-skirt’s cannon’s complex control becomes possible, mask to be worn on the head of clone weapons

〈Beam energy tank〉
・Reserve-energy-tank for Beam-cannon-skirt and Beam-cannon-bungle, can be equipped on the back of clone weapons
・Beam-cannon-skirt and Beam-cannon-bungle are supplemented with beam energy by contactless transmission

〈Auxiliary Dark matter-propulsion-ball〉
・As an aid to the independent movement of clone weapons, auxiliary Dark matter-propulsion-ball is equipped on both shoulder portions and both calf portions
(Normally, clone weapons control the attraction and repulsion of the dark matter full of space by the supernatural powers of the pilot seven-year-old star.
And, by synchronizing itself with a clone weapon which has expanded and cloned himself, it can move the outer space by increasing the supernatural power.
However, there are cases where Auxiliary-dark-matter-propulsion-balls are equipped in consideration of rapid movement and long-term movement.)

Title 七歳の星クローン兵器 ビームキャノンスカート装備形態(試作開発中) (The seven-year-old star’s clone weapons Beam-cannon-skirt equipped form(prototype under development))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA