ーHare's worldー 晴れ(Hare)が紡ぎ出す絵と物語 宇宙の生命、それらが憧れる地球の女神 魅惑の世界が広がる Arts and stories spun by Hare. Lifeform in the universe, the goddess of the earth that they yearn for, the fascinating world spreads

七歳の星クローン兵器 移動式中型ワープポータル装備形態(The seven-year-old star’s clone weapons Mobile medium-sized warp portal equipped form)

七歳の星クローン兵器 移動式中型ワープポータル装備形態

mechanical pencil,
acrylic,
illustration board 26×18×0.2cm(B5)
2022年
¥55,000(消費税込) JPY



《兵器仕様(Weapon specifications)》

〈クローン兵器〉
・銀河の支配種族『七歳の星』における戦闘用人型兵器
・身長は約40m
・操縦者の遺伝子を使い、操縦者の体格を戦闘に向く様にアレンジして拡大投影したクローン兵器
・クローンの遺伝子提供者が腰部のパイロットスフィアに搭乗することにより思念で操縦
・防御スキンを標準装備

〈移動式中型ワープポータル装備〉
・クローン兵器の頭部に装備される中型ワープポータル
・装備全長:290m
・ワープポータル内側直径:200m
・操縦者の思念をクローン兵器が増大し、その思念を通信エネルギーとしてワープポータルを作動させる
(小型宇宙船規模の大きさの物体までをワープさせることが可能)
・クローン兵器の頭部とのリンク部はクリアランスを設けたエネルギー接触構造
・クローン兵器の胴体部に着用した装具に支持される支柱部により固定される
・頭部リンクの中心にクローン兵器の頭部が常に位置する様に支柱部による支持が行われる
・移動装置としてダークマター推進球が7球組み入れられており、パイロットはクローンを介して思念で移動させることが可能
(通常、クローン兵器は、操縦者である七歳の星の種族の超能力により空間に満ちるダークマターの引力と斥力を制御し、自らを拡大クローンしたクローン兵器とのシンクロにより超能力を増大して、宇宙空間を移動出来る。しかしながら、本装備は大型である為、慣性質量を考慮し、ダークマター推進球を装備する)
・長距離移動、及び緊急離脱等の特殊移動時の為の大型ダークマター推進球をクローン兵器との支持部後方に設置
・クローン兵器単独での緊急離脱を考慮し、クローン兵器の脚部にダークマター推進球を2球装備

《物語(Story)》
私達は“七歳の星ワープポータル部隊”。
“七歳の星”の種族は宇宙を支配し統治する種族。
七歳の星の種族に従う他の宇宙種族達と共に“宇宙連合”を組織し、永い永い年月の間、私達の統治に逆らう“銀河星団”と名乗るレジスタンス組織と戦っている。
今、宇宙連合は、銀河星団の息がかかる惑星を強襲する為、強襲艦隊をこの惑星に向けて移動させている。
その戦いの口火を切る作戦として、小型戦闘艦で構成された艦隊による惑星の主要都市及び軍基地への一斉攻撃を計画している。
強襲艦隊の惑星への到着直前に、都市と基地を混乱させ、強襲を成功させる算段だ。
惑星の衛星に設置された索敵設備や人工衛星等は、宇宙連合の“隠密部隊”によって少し前に、作動不能や通信不能の状態に置かれた。
それに合わせ、私達の母艦がこの惑星の宙域にワープした。
そして今、私達“七歳の星ワープポータル部隊”は、惑星の近距離に静かに配備された。

私はワープポータル部隊の指揮官。
私が指揮する部隊は、ワープポータル装備のクローン兵器60体で構成されている。
この作戦には私達ワープポータル部隊の他に、索敵部隊、戦術格闘部隊、クリスタルキャノン部隊が動員されている。
索敵部隊は、索敵システム装備のクローン兵器で構成され、ワープポータル部隊の後方に配置されている。
戦術格闘部隊は、戦術格闘装備のクローン兵器で構成されている。
クリスタルキャノン部隊は、様々なクリスタルキャノンを組み合わせた複合装備のクローン兵器と、ヒュージクリスタルキャノン装備のクローン兵器で構成されている。
戦術格闘部隊とクリスタルキャノン部隊は、ワープ遂行時の敵の攻撃に対し対処する為の動員だ。
戦術格闘部隊とクリスタルキャノン複合装備のクローン兵器は、ワープポータル装備のクローン兵器の周囲をワープの邪魔にならない範囲で見護っている。
ヒュージクリスタルキャノン装備のクローン兵器は、ワープポータル部隊の後方に配置されている。
ワープポータル部隊の指揮官である私のクローン兵器にもワープポータルが装備されているが通常はワープを行わない。私は部隊の管理と指揮を行う。万が一、部隊員に支障が出た場合は私が代わりにワープポータルを始動させることもある。

私は部隊員に対し、作戦開始を思念によって命令した。
惑星を囲むように配置された60機のワープポータルが、光を発していく。
私のすぐ近くに配置された部隊員のクローン兵器のワープポータル装備が明るく光ると同時に、その光の中心から物体が覗き始めた。
それはどんどんと大きくなって現れ始めた。
何もない宇宙空間から数百mを超す物体が現れるのである。
宇宙連合の小型戦闘艦がその無骨で美しい艦首を光に包まれながらさらけ出す。それはまるで獰猛な獣のようだ。
目の前のクローン兵器とは反対側の、私の背部のクローン兵器や遠くのクローン兵器も、ワープポータル装備の光の中から小型戦闘艦を出現させている。

小型戦闘艦艦隊は総勢300艦。
ワープポータル装備のクローン兵器はそれぞれ5艦の小型戦闘艦をワープさせる。
小型戦闘艦艦隊はこの惑星の主要都市や軍基地を一斉に攻撃する。
その間に強襲艦隊が到着し、惑星に総攻撃を仕掛ける。
この惑星は直ぐに陥落するだろう。
そして銀河星団は更に追い込まれるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA